鍼灸学生専用サイト

CONTENTS - 鍼灸学科
東洋医学について 進路・就職支援 独立開業支援 入試情報 求人ご担当者様 卒業生の声
 
トップ  >  東洋医学について

東洋医学について

東洋医学とは

 現代の医学を西洋医学と例えるならば、中国やインドなどで培われてきた伝統医学が東洋医学という呼び方になります。西洋医学が心電図や血液検査によって診断をし、病名をつけて、その病気に対する治療を行います。方法としては、お薬を出したり、手術をしたり、リハビリをしたりとかですね。

 

 それに対して、東洋医学 ─ ここでは中医学 ─ は、患者さんの症状を聞き、脈や舌を確認して証というのを立て、それに対応するツボに鍼や灸をしたり、漢方を出したりします。
簡単に言うと、病気を治すのが西洋医学、症状を治すのが東洋医学になります。

 

 病気がなくなると症状がなくなるからどっちも同じだと感じるかもしれませんが、風邪をひいた時にお薬を飲み熱は下がったが、咳や、鼻水の症状が残ったりしたことはありませんか?それこそが病気は治ったけど症状は治ってないということです。

 

東洋医学で病気は治せるの?

 それでは、東洋医学だと症状も病気もなくすことができるのか?これは私の個人的見解ですが、東洋医学で病気というのは治せません。病気は治せませんが、症状に対して治療していくと、気がついた時に患者さんは病気も治っていたという風に言われる方がいらっしゃいます。

 

 それはつまり、東洋医学的な治療を行うと症状が取れます。結果生きる力がもっと湧いてくると、患者さん自信が病気を治すんですよ。それを手助けするのが私たち鍼灸師なのです。

 

 人には自然治癒力があり、それを助けるのが私たちの仕事です。毒をもって毒を制すという言葉がありますが、これは東洋医学における鍼灸治療には当てはまりません。

 

東洋の神秘に遊学しませんか

 実は鍼灸で習う東洋医学の根本となっている書物に『黄帝内経』というのがあります。難解な言葉で書かれた理論書ではないので、興味があれば読むことができます。それ以外にも、たくさんの書物があり、学校での勉強の他にも自分にあった本から読むことで知識が深まり、より一層楽しく学べます。

 

 しかし、東洋医学の原点は対話にあると考えます。『黄帝内経』も中国の皇帝と医者の対話形式で書かれています。ISISでも、学生と教員の対話を重視した授業を心がけています。ISISで鍼灸を通して東洋医学を楽しく学びませんか。

(鍼灸学科教員:中野)

 

〒920-0849 石川県金沢市堀川新町7番1号 TEL:076-263-1515 FAX:076-263-3203 E-mail:houjyou@syd.odn.ne.jp


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

気になる学費・奨学金のことがわかる[お申し込み]

卒業生の声

ISISで学んだ卒業生に、当校で学んだ
3年間を振り返っていただきました。
飾らない生の声をお聴きください。

資料請求はこちらから(無料)[お申し込み]